雛人形はいつ飾っていつ仕舞う?

雛人形はいつ飾っていつ仕舞う?

雛人形は立春(節分の翌日2月4日)頃から二月中旬の間に飾るのが望ましいです。
遅くても節句の一週間前までには飾るようにしましょう。

現在では3月3日が一般的ですが、旧暦の4月に飾る地域もあります。
「お雛様をしまい遅れると婚期が遅れる」という言葉はよく耳にしますが、片づけを促すためのしつけの一環としての言い伝えという説があります。

また、お雛様は子供の身代わりとなって災厄から守ってくれるという意味もあることから、長い間身近においておくのは縁起が悪いとも言われています。
季節の節目の行事でもあることから、あまりだらだらと飾っておかずに、3月中旬ごろまでにはしまうようにしましょう。

天気のいい乾燥した日を選んで埃を払ってていねいにしまいましょう。
子供の健やかな成長を願って飾るものなので、少なくとも成人するまでは毎年飾るのが良いですね。

トップへ戻る