2人目も女の子。雛人形はどうする?

2人目も女の子。雛人形はどうする?

基本的に雛人形は「ひとり一飾り」とされています。
その理由は、お雛様がその子の身代わりとなって厄を受けて守ってくれるものとされるためです。

ひとりひとりの厄を背負ってくれるお雛様は共用できないと考えられています。
しかし、大きな段飾りを複数購入し飾るのは金銭的にもスペース的にも厳しいので、2人目、3人目の女の子にはコンパクトなその子専用の雛人形を用意したり、地域によっては市松人形などを贈る習慣もあります。

また、地域や家庭によっては雛人形を代々受け継いでいることもあるので、形にこだわらず、願いや祈りを尊重することが大事であるといえます。

トップへ戻る